ニコバー

居場所がある-nicobar-1人でも飲み会でも 安くて楽しい!

←マリブコークカミカゼ→

マンハッタンのカクテルレシピ・作り方

マンハッタンの紹介

マンハッタンはウイスキーベースのカクテルの一種で、通称「カクテルの女王」と呼ばれています。
ウイスキーとベルモットの甘さを、アンゴスチュラビターズの薬草系の香りがキリっとさせ、女性にも合う都会的なカクテルになっています。
度数は強いですが、代表的なカクテルなので、興味のある方は試してみてください!

【材料】

  • カナディアン・ウイスキー45ml
  • スイート・ベルモット15ml
  • アンゴスチュラ・ビターズ1dash

【種別】

  • ベースウイスキー
  • 技法ステア
  • グラスショート
  • 甘口
  • 赤褐色
  • 度数35度
  • 炭酸なし

【作り方】

【準備中】

【カクテルの豆知識】

マンハッタンの由来は、1876年にアメリカ大統領選挙戦を応援するパーティーで、のちの英国首相チャーチル母がオリジナルカクテルを即興で作ったのが、マンハッタン・クラブだったことからです。
アレンジレシピも様々あります。スイート・ベルモットをドライ・ベルモットにし、チェリーをオリーブに替えると「ドライ・マンハッタン」になります。チェリーではなくパセリを浮かべると「セントラル・パーク」になります。ベースをスコッチ・ウイスキーに替えると「ロブ・ロイ」、ラムに替えると「リトル・プリンセス」といい、こちらはマンハッタンの妹分と言われています。

←マリブコークカミカゼ

↑ PAGE TOP