ニコバー

居場所がある-nicobar-1人でも飲み会でも 安くて楽しい!

←バイオレットフィズボストンクーラー→

ブラックルシアンのカクテルレシピ・作り方

ブラックルシアンの紹介

ブラックルシアンはコーヒーリキュールの香りと甘い風味が特徴。アルコール度数は高いにも関わらず、甘口で飲みやすいカクテルです。
元々、お食事の後に楽しむ飲み物として考案されたカクテルなので、食後やデザート代わりの甘口カクテルとしてお勧めです。

【材料】

  • ウォッカ40ml
  • カルーア20ml

【種別】

  • ベースウォッカ
  • 技法ビルド
  • グラスロック
  • 甘口
  • 黒褐色
  • 度数30度
  • 炭酸あり

【作り方】

【準備中】

【カクテルの豆知識】

ブラックルシアンが生まれたのは1950年頃のベルギーのブリュッセルと言われています。メトロポール・ホテルの「ギュスターヴ・トップス」というバーテンダーが作ったオリジナルカクテルです。
ホテルの顧客でもあったルクセンブルグ駐アメリカ大使に「何か新しい食後のカクテルを」とリクエストされ、即興で作り出したのがブラックルシアンの誕生だそうです。
コーヒーリキュールとウォッカの組み合わせで、カクテルの色がブラックで、ウォッカの本場であるロシア産のウォッカを使ったことから「ブラックルシアン」と名づけられたのが由来です。

←バイオレットフィズボストンクーラー

↑ PAGE TOP